2019.1.10

はじめまして「まちのおどり場プロジェクト」です


はじめまして!プロジェクトリーダーの古城です。私たちの班は秋葉屋隣にある空き地を「パーゴラを看板にした公園にしよう!」というテーマで現在活動をしています。

さて、ここで疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、パーゴラとはいわゆる藤棚のことを指します。小学校などでもよく見られる藤棚をもっと多目的に使うことで四季を感じてもらったり、純粋に空間に注目してもらったりすることを狙っているため「パーゴラ」と私たちは呼んでいます。

さらに秋葉屋の空き地を公園化することで景観の整備を行うことができる点や四ツ谷地区をはじめとした佐久穂町の住民の方々と私たち学生がより深く関わることできる場所にできればと考えています。まず計画の第一歩として、建物のオーナーである井出正臣さん、秋葉屋を活動の拠点とされているアンテナさくほの力武さん、佐塚さんに私たちの考えを聞いてもらい、アドバイスなどをいただく意見交換会が開催されるので、そこに向けて計画をより深めていくことができればと考えています。

秋葉屋の隣に大きなパーゴラと整備された公園ができれば、小さな子供から昔の秋葉屋を知る方まで多くの方で賑わうのではないかと今から楽しみです!(古城)